憧れの職業と現実は?

憧れの職業と現実が同じであれば言う事はありませんが、実際にはなかなか上手くいかないのが現状でしょう。
しかし中学、高校になるにつれ本当になれるかどうかも気になりだします。
漠然と憧れてはいたものの、収入や仕事のありようが希望とずれていることがわかり、他の職業を探すという人もいます。
医者や弁護士は、ステータスが高く年収も高い職業として、憧れる人が大勢いるようです。
しかし、希望通りに就職する人は一握りです。
憧れと現実とのギャップも大きくなっている現状があります。
頑張って憧れの職業につけたけれど、憧れていた内容とは収入ややりがいが違っていたと感じる人もいるようです。
経済状態が好調な時代、特にバブル経済期は求人数が圧倒的に多く、採用内定を得ることは簡単なことだったとされています。
その当時は憧れの職業に基づいて就職活動をする人もいましたが、最近は憧れた職業につくどころではないといいます。
就職に有利というだけで理系に進む学生も少なくありませんし、大学入試でも理系学部を希望する人が増加しているといいます。
理系であればどんな職業にも就けるという訳ではありません。
職業に対する憧れと現実との差は、誰しも多かれ少なかれあるようです。
高校生バイト履歴書の書き方って?採用率UP!【こんな履歴書はダメ?】