青汁のえがおってけんこうにいい?

大麦若葉を原料として作られた青汁で、小さなお子様からお年寄りまで、幅広い年齢の方に飲まれているのが、えがおの青汁になります。
青汁と聞くと、にがみが強かったり、えぐみがあって飲み辛い、青臭くておいしくないといったあまり良くないイメージが多いと思います。
しかし、えがおの青汁はどなたでもおいしく飲むことができるよう、味について毎日でも飲めるようにおいしい青汁として研究を重ねてきました。
大麦若葉は、もともと他の青汁の原料となっている、ケールなどに比べて味やにおいにクセがなく、大変飲みやすいものです。
抹茶風味にしていることも、えがおの青汁が多くの方に飲まれている理由ではないでしょうか。
青汁は、健康や美容などのために毎日飲んでほしいものなので、特に味に気をつけている点はえがおの青汁の特徴ではないでしょうか。
えがおの青汁の原料は、大麦若葉以外に与那国島で作られた長命草と、長い時間熟成・発酵させた発酵黒生姜があります。
長命草は、日本の中でも長寿として有名な沖縄県の生命の草と言われています。
さまざまなビタミンやミネラルが含まれています。
若返り成分として、有名なポリフェノールも含まれています。
この長命草は、1株食べれば1日長生きすると言われています。
なぜなら、抗酸化作用が強い薬草の1つだからです。
発酵黒生姜は、体の冷えの改善や体の酸化防止、そして生活習慣病の予防も期待されている発酵食品の1つです。
大麦若葉と長命草、発酵黒生姜という3つの原料が健康に大変効果があります。
Dhc青汁+豆乳【本音の口コミ】 | 青汁の効果